<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
星が落ちる
星が落ちるのをみた

光の塊が青白い光を放って
雨粒が傘を伝うかのように
ゆっくりと落ちた

それは
眺めるには十分過ぎる時間で
それでも
言伝えのように三回願い事を唱えるには
あまりにも短過ぎて

ただ ただ
あのきれいな光をみることができたことを
純粋無垢なこどものように喜び
胸を躍らせるのだ

けれど私は
その光が過去のものであるのを知っているから
ほんの少しだけ
せつなくもなるのです
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
ちいさな手
ちいさなちいさな私の手

まるで水のように指の透き間から零れゆく
掬いたかったもの
救いたかったもの

ちいさなちいさな私の手

せめて掌に残った分だけは
どうかこれ以上零れないようにと
静かにそっと包み込もう
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
許さないから
きみの心臓が止まる一秒前に

私の心臓が止まればいいのに





きみのいない世界に私を置いていくのは許さないから
っていうはなし。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
自己主張
みんな同じ制服
あの子も
この子も

あたしだって
ちゃんとわかるように
ショッキングピンクの
お花のヘアゴムつけました

わかりますか
あたしはここです

同じ制服着た人間
たくさんいます
こんなにたくさんいたら
誰が誰だかなんて
わからないでしょう?

だからね 少しだけ
ちょっとだけ自己主張
可愛いもんでしょう?

わかりますか
あたしはここです

あたしだって
ちゃんとわかるように
目印つけておきました

きれいな
ショッキングピンクの
お花のヘアゴムです
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
会いたいよ
あの頃のことを、後悔している

あの時は一緒の空間にいることが当たり前だったんだ
当たり前すぎて、気付かなかった

きみの声も
仕草も
やさしさも

全部あそこにはあったんだ

今でも思い出すと嫌になるくらいわかるよ
好きだった
好きで好きで好きで

いとおしかった

今は?
わかんないよ
もうどれだけ会ってない?
話してない?

きみは、どんな声をしてた?

あの時、好きだと、きみのことが好きだと言えばよかったの?
そうすればきみは私のとなりにいてくれたのかなぁ

恥ずかしがったりなんかしないで正直に言えばよかった
好きだ、って

あの頃のことを、後悔している

だから私は決めた
今度好きな人ができたら自分から告おうって

でもね、だめなんだ

きみ以上に好きになれる人を見つけられないよ

ねぇ
私は今でもきみのことが忘れられないよ

きみのとなりには誰かがいますか?

私はきみに会いたいです
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
HEAVEN
こわいもの見たさで覗いた世界

開放的なのか
閉鎖的なのか
それさえもわからない

想像していたものとは程遠くて
それでもやっぱりこわくて

僕はそっと目を瞑った
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
思うこと。
温暖化の話がついさっきやってました。(TV)
ちょっとしか聞いてなかったのですが、(観ていなかった)

つまりだ
人間が消えればよいのだろう?

犠牲の上に成り立つ人間は何かの犠牲にはなっていなくて
地球を救うために犠牲になれば丸く収まる、と。

ん?
違うか。
よくわかんねぇよ。

ま、でも人間の娯楽なんて悪いことの他にないよね。

こういう話とか
今日やってた特別ドラマとか
そういう類のものを見てしまうと
考えたくないことを考えてしまう

普段見えていないものを
見たくないものを
みてしまう

そんな時私はこわくなる
こわい


そしてループが起こる
キリが無くなって
気持ちが悪くなって
泣きたくなって
どうしようもないから
その場しのぎで
今までのことを忘れようとする

私はよわい

でも
それはみんな同じだと思う
それが人間だと思う

これは
私のエゴ
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
いっそのこと
目が覚めて
夢だとわかって
切なくなるくらいなら

いっそのこと
このままずっと
夢から覚めなければいい
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
星になればいい
叶うことが無かった願いは
星になって
満天の空に輝けばいい

僕の願いも
そうして星になって
誰かの足下を
微かでも
照らすことができたら
いいと思う
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
今はただ
今はただ、
あいつの記憶の片隅に
あたしと過ごした日々が
ほんの少し、
ほんの少しだけ
残っていればそれでいい

それだけで十分
あたしは幸せだ
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | コトノハ |
| 1/4PAGES | >>